People 1日のスケジュール

近岡三喜子 Mikiko Chikaoka

税理士 専門職/部長 東京本社 2013年入社

Profile 自己紹介

入社前は他の税理士法人で資産税を中心とした業務に携わっていました。現在も相続税申告を始め、相続対策のご相談、個人のお客様の確定申告等の資産税業務に携わっています。チェスターは他と比較して相続税申告件数が圧倒的に多いので様々な経験を積むことができます。

1日のスケジュール

9:00 出社 スケジュールとメール確認
メールは朝いちでチェックします。メールは早く返信することを常に心掛けています。チームの仕事の進捗状況や自分の一日のやるべき仕事を確認します。
10:00 相続税申告のご依頼を検討されているお客様との面談
相続は一生に何度も経験するものではありません。面談に来られるお客様の不安と悩みを上手く聞き出しながら、適切なアドバイスができるように心掛けています。お客様のご相談は税金だけでなく、名義変更等の相続手続きや遺産分割など多岐にわたり、民法等の税金以外の知識が必要となる場面もあります。どのようなお客様でもご理解いただけるように、できる限り分かりやすくご説明ができるよう努めています。
13:00 外出 相続人へ財産目録をご報告
財産目録が完成したら相続人様に相続財産の評価及び相続税のご説明をします。お客様のご要望に応じて、二次相続を考慮した税額のシミュレーションのご提示や節税を意識した分割案のご提案も行います。複数の相続人様がいらっしゃる場合、お話合いに時間がかかることもありますが、全員が納得されるまで面談します。
15:00 申告書のチェック
チームの専門職スタッフが作成した申告書等のチェックを行います。お客様や税務署に提出する最終書類になりますのでミスは許されません。気を引き締めてチェックを行います。チェスターでは複数の税理士のチェックを通すため、クオリティの高い相続税申告を維持することができます。
18:00 退社
お客様等へのお電話やメールでのご連絡が終わったら退社します。できる限り次の日に仕事を持ち越さないようにしています。

仕事内容を教えてください

主に相続税申告業務や相続対策の相談業務に携わっています。チーム制で仕事に取り組んでおり、私はチームを取り纏める立場にあります。最終的な成果物をチェックすることも仕事の一つになります。お客様の不安を取り除き、お客様が安心して期限内に申告することが出来るよう日々心掛けています。

どのような人に向いている仕事だと思いますか?

お客様の性格、要望、置かれている状況等は様々です。私達はお客様が一番求めているものを汲み取り、サービスを提供しなければなりません。相手の立場にたち物事を考えられる人、きめ細やかなサービスを提供できる人が向いていると思います。お客様から感謝の言葉を頂いたときには非常にやりがいを感じます。

他のインタビューを見る